MENU

CASE事例紹介

CASE STUDY VOICE

効率よく不動産を買い進めて行くには

34歳 男性 大手メーカー勤務  | 年収:約800万円

昨年に友人の紹介で東京都心部の新築のワンルームマンションをご購入されたA様。今後も効率よく、さらには自身に手間暇をかけることなく資産形成をするためにはどの様にすればよいかというご相談に来られました。

お客様プロフィール

年齢
34歳
性別
男性
職業
大手メーカー勤務
年収
約800万円
投資歴
1年

当社を利用したきっかけ・理由

インターネットの検索でたまたま目にとまったのがエストアンドカンパニーさんでした。中立的な不動産投資のコンサルティングという言葉に興味を持って資料請求すると、不動産投資の成功法やリスクに関してわかりやすく解説されていましたので、新築物件を1件所有していましたが、今後も効率よく資産形成を行うにはどうすれば良いかのアドバイスを頂きたく面談をお願いしました。

お客様のお悩み・ご要望

・友人の紹介で比較検討することなく新築のワンルームマンションを購入した

・今すぐではなく将来の不労収入を得たいことが不動産投資の目的

・転勤の多い職種のため当面自宅を購入することは考えていない

・保有資産が多いわけではないので小額から低リスクなもので始めたい

・新築ワンルームマンションの2件目の提案を受けているがキャッシュアウトが多くなるため悩んでいる

コンサルタントの提案

まずは、新築ワンルーム以外の不動産投資方法を隈なく解説を行わせていただきました。区分マンションでも中古やファミリーマンションの選択肢があること。一棟マンションやアパートもご購入いただくことができることなど不動産投資の選択の共有をいたしました。

すると「あくまでもサラリーマンを主として投資を行いたいので規模感の大きいものやリスクの高いものはやりたくない」ことが判明。また、不労収入を得たいタイミングも退職後の収入の補填というものが一番の目的ということでした。そのため生命保険会社の個人年金にも加入をしているが日本財政状況の不安やインフレ懸念から不動産投資にメリットを感じ新築ワンルームを購入したとのことでした。

これらの投資目的をしっかりと踏まえた上で、現状保有しているマンションと2件目の提案を調べた結果、収入に対して1物件あたりの借入額とキャッシュアウトが大きくなことで退職時に不労所得を得る手法として適正でないことから、現在保有の新築ワンルームマンションを軸に3件の中古区分マンションを保有し、キャッシュアウトが大きくならず、繰り上げ返済を用いて退職時に安定した不労収入を確保していただくシナリオを提案させていただきました。

購入物件

物件種別
プレミアムセレクトマンション
マンション名
AXAS駒場東大前
エリア
東京 都心地区

お客様の声

お金や投資についてきちんと考える事の大切さが分かりました

1件目は不動産会社の営業担当者に言われるがまま投資判断をしていましたが、 本当にそれが私にとっていい商品なのか私の要望や目的に沿っているのかが理解できずにいました。エストアンドカンパニーさんに相談して不動産投資だけでなく自分のライフプランについて親身に相談に乗っていただき、お金や投資についてきちんと考える事の大切さが分かりました。

担当者のコメント

担当者名

IRIAコンサルタント

櫻井 祐輔

堅実な不動産投資のご提案と将来設計

書籍や雑誌・インターネットの記事から不動産投資(特に一棟物件)は始めれば副収入を得られすぐに儲かるものと認識している方が多くいらっしゃいます。当然、一棟物件を保有して成功を収めている投資家は少なくありませんが、同時に失敗しているケースも多いのが事実です。特にお若くて、預貯金などの資産が少ない方は取り組んで突発的な支出が支払うことできなくなることがあります。一棟収益の投資が必ずしもリスクが高いではなく自身の状況に見合った投資を行うことが重要だと考えております。まずはリスクの許容範囲内の投資を行い、資産状況にあわせて適切な投資を行うことの重要性をお話しさせていただきました。