よくある質問

内定に向けて評価されるポイントは?
自己表現、自己アピールがしっかりできているかどうかです。とくに営業の場合、第一印象というのはとても大切。面接でも、最初の1分間で「この人の話を聞きたい」と思わせることが大切です。
不動産のことを勉強してきていなくても大丈夫ですか?
大丈夫です。入社後にしっかりと勉強して頂ければ問題はありません。その中で重要なことは、現場で学んでいく姿勢。受け身にならずしっかりと自分から能動的に学ぶ姿勢が求められます。
女性でもできますか?不動産というとまだまだ男性社会のイメージがあります。
業界全体で捉えた際は、男性が多い会社も確かにありますが、エストアンドカンパニーでは男女の別はございません。むしろ女性特有の柔らかさや高いコミュニケーション能力がお客様に支持をされ、男性より活躍するケースも多いです。
先輩社員の志望動機は?
頑張れば頑張った分、周囲よりも高収入が望めるため、それを目的に入社する人が多いようです。もっと自分の人生を豊かにして何かコトを起こしたい、自分の実力を試したいという向上心を持った人が多く入社してきます。
営業職における残業時間や休日は?
休日は配属先によって水曜・日曜休み、または土日休みです。残業については、お客様の商談が長引いたり、資料をまとめる作業があったりと、ゼロではありませんが、「残業しなければ」という雰囲気はまったくなく、必要がなければ、上司がいてもスパッと退社するという雰囲気を徹底しています。
ノルマはありますか?
これだけ達成しましょうというノルマはありません。ただし、あくまでも営業ですから、自分で目標を設定し、その目標に対してどういう行動をするかを自らが考えるような仕組みを整えています。
営業職で身につく力は?
不動産・金融の知識はもちろん、高額な商品かつエグゼクティブなお客様を対象に営業するため、自分自身の成長になると同時に、ほかの業種・職種とは比べ物にならない程の人間力や営業力が磨かれます。
営業職における仕事のやりがいは?
私たちの仕事のゴールは不動産の販売ではなく、お客様の資産形成を通じた豊かな人生を創ることです。そのため、お客様から感謝されることが、一番の喜びとなるはずです。
社内の雰囲気は?
オンオフのメリハリがある、活気にあふれた雰囲気です。若い人たちが多い会社ですので、仕事以外はとても和気あいあいとしています。
ページトップへ
Official Instagram @EST_SAIYO 随時更新中!共に働く仲間をご紹介 Official Instagram @EST_SAIYO 随時更新中!共に働く仲間をご紹介