エストアンドカンパニー

不動産投資のノウハウ

自由なお金

 

こんにちは。

クリスマスも過ぎ、今年も残りわずかですね。

年末年始は何かと忙しいですが、せっかくまとまった休みをとれるので、投資についての書籍を5冊は読むと決めています。

さて、本日は20歳代の方について興味深い記事がありましたので紹介したいと思います。

※日本経済新聞 朝刊(https://www.nikkei.com)

自由なお金、20代は3万円割れ 2017/12/16付

 光熱費などを除き毎月自由に使えるお金はどの程度か。SMBCコンシューマーファイナンスが20~29歳の男女1000人を対象に行ったアンケート調査によると、その平均額は2万9694円だった。2016年の調査と比べると700円ほど減り、3万円を割り込んだ。「どのくらいあれば満足か」という調査では平均額は6万41円で、16年に比べおよそ1万2000円減った。

現実も理想も、ともに金額が下がっている状況は、若者の間に残る根強い倹約・節約志向を映す。他方、20代の平均貯蓄額は133万円で、16年から50万円近く増えた。「仕事を退職する年齢までに貯蓄しておくと安心できる」金額は平均5055万円で、16年から675万円増えた。「倹約・節約志向」と「将来への不安」が裏表の関係にあることを物語っている。

20歳~29歳の若い世代を対象としたアンケート結果ですが、倹約・節約志向が見て取れますね。

また、将来についても悲観した考えの若者が多いようです。

この記事を読むと、若年層の給与が少なくなっていることも考えられますが、給与については触れられていないので、将来への備えとして貯金をしている方が多くいるのかもしれません。

実は当社にお問い合わせをいただく方の年代で20歳代の方は多く、ほとんどの方が貯金がもったいないと考えています。

より堅実に効率良く資産形成をしたいという思いから当社に相談をいただいております。

投資は、まとまった資金がないとできないものという考えがまだ根強いですが、実は毎月コツコツと貯金のような感覚で投資をしていく方が、リスクを抑えられますし、投資をすぐはじめることができることを若い方は良くご存知です。

今は株式も数百円から購入できますし、投資信託も毎月100円から積み立てることができます。また当社が主として紹介しているのは不動産投資でも、主に中古のワンルームマンションですので、頭金をかけずに毎月数千円程の支出ではじめることができます。

投資は誰でもすぐにできる時代ですので、あとは、ご自身に適した投資方法を見つけることだけです。

当社では不動産投資以外の投資商品も案内することができますので、まずはご自身に合った投資をいっしょに見つけてみませんか。

皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

失敗しない不動産投資のノウハウブックをプレゼント

頭金0円で、堅実な不動産投資ができる!

pagetop