エストアンドカンパニー

不動産投資のノウハウ

サラリーマン必見!!節税対策1

不動産投資の節税効果とは

今回は不動産投資のメリットの一つ「節税効果」について、解説させていただきます。こちらは重要なポイントなので、2回に分けて書いていきたいと思います。

会社員の場合は「確定申告」「節税」と言っても、馴染みのない方が多いかもしれませんが、最近では、ふるさと納税や住宅ローン控除の仕組みなどが詳しく取り上げられることが多くなり、以前よりも節税にご興味をお持ちになられている方が増えているように感じます。とはいえ、個人事業主の方ならまだしも会社員が節税するには限りがあります。

しかし、実は会社員でも上手に節税しながら資産形成をしている方が多くいらっしゃるのはご存知ですか?今回はそんな節税テクニックの一部をご紹介していきたいと思います。まずは、皆様が年間の納税額はいくらなのか?また、納税額が決まる仕組みとは?意外とご存知の方が少ないので、ここから解説していきます。

税金は、給与収入そのものに税率を掛けるわけではありません。給与収入からさまざまな「控除」を差し引いたものが、税金がかかるモトとなる「課税所得」になり、そこに税率を掛けて税金が決まります。 そして、税金を計算する際には、会社員が給与収入から必ず差し引くことができる3つの「控除」があります。(重要なポイントです)※給与収入(源泉徴収票の満額)- 3つの控除 = 課税所得(税金がかかるモト)。では、3つの控除について、解説していきます。

一つ目は給与所得控除です。

仕事で使う手帳を買ったり、スキルアップのための書籍を買ったり、スーツを買ったりと、会社員が給料を得るためには、何らかの必要経費をかけています。こういった会社員の必要経費は、「給与所得控除」と呼ばれ、年収に応じて給与収入から差し引くことができます。
下記の表は、年収別の控除額を表したものです。詳細は国税庁HPをご参照ください。

上記の計算式から年収500万円の人の「給与所得控除額」を求めると、500万円×20%+54万円=154万円です。こちらを給与収入より差し引く事ができます。

二つ目は、「社会保険料控除」です。

社会保険料とは、健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料です。40歳以降はこれらに介護保険料が加わります。源泉徴収票に記載されている、年間で実際に納めた(給料天引きされた)社会保険料を、「社会保険料控除」として、税金の計算する際に差し引く事ができます。
こちらは報酬等によって前後するので、一般的な目安として年収の12%程度として計算すると年間60万円。税金の計算をする際には、「社会保険料控除」として給与所得より60万円を差し引く事ができます。

最後は、「基礎控除」です。

最低限の生活費に必要な金額相当分ということで、税金を計算する際に、「基礎控除」として38万円を差し引く事が可能です。※扶養家族が増えると基礎控除額も増えることになります。
以上のように、給与収入から、給与所得控除、社会保険料控除、基礎控除の3つを差し引いた金額が「課税所得」という税金を計算するモトとなります。そして、その課税所得に所定の税率を掛けて税を計算します。
下記の表は、年収別の税額を表したものです。詳細は国税庁HPをご参照ください。

年収500万円の人なら、【課税所得】は、年収500万円-給与所得控除154万円-社会保険料控除60万円-基礎控除38万円=【248万円】となり、これを上記の表に当てはめます。

そうすると、【248万円】×10%-9万7500円=15万500円が所得税額となり、さらに、2011年の東日本大震災の復興のための復興特別所得税2.1%が上乗せされ、15万3600円が納める所得税となります。

住民税は【課税所得248万円】の約10%となりますので、約24万8千円。所得税と住民税を合計した年間納める税額は、なんと約40万1600円となります。いかがでしょうか?毎月天引きされているとはいえ、結構な金額の税金を納めていることになります。※もちろん年収が上がれば上がるほど税率は高くなっていきます。

さて、ここまでが税金の仕組みですが、本題はここからです。実は上記の3つの控除以外にも給与収入から差し引く事ができる項目がいくつか存在します。例えば、代表的なもので言うと、医療費控除、ふるさと納税、住宅ローン控除、生命保険控除などです。

そして、なにより会社員から熱い注目を浴びているのが【不動産投資】です。購入した不動産を他人に貸すことで家賃収入を得ることができる不動産投資ですが、収入を得られるにもかかわらず、節税になるのです。この仕組み…気になりませんか?今回は長くなってしまいましたので、本題は次回とさせていただきます。
ここまでお読みいただきありがとうございます。次回をお楽しみに。

 

pagetop