エストアンドカンパニー

不動産投資のノウハウ

外国人の就労拡大

こんにちは。すっかりと寒い日が続くようになり本格的な冬が目前に迫っていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。本日は日本経済新聞に興味深い記事を見つけましたのでご紹介したいと思います。

(11月3日 日本経済新聞 「外国人の就労拡大は生活の安定が前提だ」より一部抜粋)

以下、一部引用

政府は外国人労働者の就労拡大に向けた出入国管理法改正案を閣議決定し、国会に提出した。人口減少下で日本が成長するには外国人材の積極的な受け入れが不可欠だ。外国人の生活を安定させ社会不安を広げないための対策について、議論を深める必要がある。
法案は原則として認めてこなかった単純労働への外国人就労に門戸を開く。対象業種は農業や介護、建設など14に及び、受け入れ人数に上限を設けない。与野党の双方に慎重な意見があるのは理解できる。政府は新制度への疑問に丁寧に答える必要がある。
新たに2つの在留資格を設け、「特定技能1号」は一定の日本語力と技能があれば5年間の在留を認める。さらに熟練した技能がある労働者は「特定技能2号」とし、家族の帯同と長期の在留を認める。定期的な審査を受ければ事実上の永住も可能になる。
以上

いかかでしょうか。まだ議論の段階ではありますが、外国人就労拡大をすることで、労働人口が減って担い手がいなくなってしまう少子高齢化の日本を外国人労働者で賄おうとしているようです。そうすると今までよりも数多くの外国人の方が移住してくることになりそうです。

さらに東京には外資系企業や地方から本社機能を東京へ移している会社も数多くあるので、今後は更に東京へ人口が集中すると思われます。そうすると東京のワンルームマンションやアパートなどの物件の需要はより高くなると予想されます。

不動産投資をするにあたり、空室リスクは一つの不安材料となります。物件選びでその不安材料を取り除くことが出来れば、今よりも明るい未来が見えてくるかもしれません。
今後の詳しい経済情勢や人口・企業動向など気になった方は、お気軽にお問い合わせください。

失敗しない不動産投資のノウハウブックをプレゼント

頭金0円で、堅実な不動産投資ができる!

pagetop