エストアンドカンパニー

不動産投資情報コラム『ESTIMES(エスタイムズ)』
金融・不動産投資の最新マーケット情報をお届けします。

投資詐欺にご注意ください

投資効率の良い、倫割の高い投資手法はどうしても魅力的にみえます。不動産投資をご検討されている皆様の中にも、「旨すぎる」投資を見かけたことがある方も多いのではないでしょうか?

旨い話には裏がある。とはよく言ったものですが、正にそんな投資が掲載されていましたので、ご紹介させて頂きます。

2018/7/4 TBSニュースより一部抜粋

バリ島 不動産投資うたい不正集金か、投資事業社幹部ら7人逮捕

インドネシア・バリ島での不動産投資などの名目で高配当をうたい無許可で金を集めたとして、投資事業会社の幹部ら7人が逮捕されました。不正に集めた金は14億円を超えるとみられています。

出資法違反の疑いで逮捕されたのは、インドネシア・バリ島を拠点に投資事業を展開する「アスナグループ」の代表・石田法広容疑者(56)ら7人です。

関係者によりますと、石田容疑者らは法律上、必要な許可などを得ないで元本保証と10%の高配当をうたい、日本人向けに不動産投資や金融商品の販売をもちかけ不正に金を集めた疑いがもたれています。アスナグループは、全国の170人の出資者からおよそ14億6000万円を集めたとみられていますが、配当金の遅延や解約ができないなどのトラブルが相次いでいました。

以上

一見すると、被害者の方々はなぜこのような詐欺被害にあわれたのか、理解が及ばない方も多いのではないでしょうか。実は今回焦点が当てられている投資事業会社では投資家の方々を募る際に、「元本保証」「高配当」を掲げて集客を行ったそうです。
投資家から見れば元本が保証されていて、なおかつ高配当が期待できる。そんな旨い話に釣られてしまい、結果として詐欺被害にあわれた方が大勢いらっしゃいます。しかしながら、もちろん皆さん騙されるとわかっていて投資したわけではありません。
ましてや170人で14億6千万円の投資額ですから、平均値でも一人当たり約860万円の投資額。つまりはそれだけの金額を投資へと回せる方々なので、潤沢な資金を持ったアッパークラスの方々であり、つまりは投資への造詣が深い方々だったのではないかと思います。それにもかかわらず、被害にあわれた方がいるという事は、やはりこの投資ははたから見るととても魅力的に見える提案だったのではないでしょうか?

様々な投資について調べていると、否が応でも「話が旨すぎる」そんな投資に出会う機会も多いのではないかと思います。少しでも疑問に思われたのであれば、まずはセカンドオピニオンとして、投資のプロが数多く在籍している当社の無料相談にて、ご相談頂く事をオススメ致します。

pagetop