エストアンドカンパニー

不動産投資のノウハウ

中古住宅の飾り付け

こんにちは。

小春日和から一転、寒い日が続いていますね。季節の変わり目は体調を崩しやすいので、皆さんもお気を付けください。

さて、本日は少し前の日経新聞でおもしろい記事がありましたので、ご紹介します。

販売中古住宅の飾り付け 20万~30万円が中心

2018/3/13付

販売中の中古のマンションや戸建て住宅の室内をソファやテーブル、観葉植物で飾り付ける「ホームステージング」と呼ぶサービスの利用が広がっている。家具類がない部屋に比べ生活のイメージを想像しやすく、購買意欲を盛り上げる効果が期待できるという。不動産業者向けが中心で、20万~30万円前後のプランが目立つ。

ホームステージング・ジャパン(東京・品川)は東京や大阪を中心にサービスを展開する。展示用の家具を1万点以上保有し、自社で養成した専門家が部屋の雰囲気に合わせて飾り付ける。

1月までの3カ月間の利用数は500件超と前年同期の2.5倍に増加。同社のサービスを使い「周辺相場より1千万円以上高く売れたマンションもある」(最高執行責任者の加藤望美氏)。

リビングとダイニングに加え、キッチンなど水回りが対象の標準プランは30万円。展示が3カ月を過ぎると延長料金が必要だ。仲介大手の野村不動産アーバンネットは専任媒介契約を結ぶなど一定条件を満たした売り主に、このプランを無償提供する。

サマンサ・ホームステージング(東京・江東)は売り主が居住中のマンションや戸建て住宅向けにサービスを手掛ける。部屋を片付け、見栄えがよくなるよう家具の配置を4時間で変える。

部屋の整理のコツも伝え「部屋が再び散らかるケースはほとんどない」(大西真史社長)。家具は利用者の持ち物を使い、料金は一律5万円だ。

同社は空き物件を対象に自社所有の家具を使うサービスも提供する。総額50万~70万円の家具で飾り付ける標準的なプランは90日間までの利用で24万5千円だ。仲介サイトに掲載する3D動画の撮影も有料で請け負う。

おもしろい内容ですよね。

お部屋の飾り付けサービスを「ホームステージング」と呼び、20万円~30万円前後のプランが人気みたいです。ホームステージングをしたマンションが周辺相場よりも1千万円以上高く売れたという事例もあるとのことで、利用件数が増加していることも頷けます。

当社では、首都圏の中古ワンルームマンションをご紹介するケースが多いのですが、年金対策で長期投資を考えて取り組まれる方も、先々、売却を考える可能性もあるかもしれません。そんな時に、このような手法を用いてもおもしろいかもしれませんね。

ちなみに、売却をする際に知っておくべきポイントってご存知ですか?

気になる方は、お気軽にお問い合わせください。

pagetop