エストアンドカンパニー

不動産投資情報コラム『ESTIMES(エスタイムズ)』
金融・不動産投資の最新マーケット情報をお届けします。

役職定年という現実

皆さんはご自身の将来について考えられたことはありますでしょうか。皆さんのご年代にもよると思いますが、深くは考えていないという方が多いのではないのでしょうか。実はこの「深くは」というのがポイントでして「なんとなく」「ざっくり」とは考えてらっしゃるという方が非常に多いようですが、これが非常に危険で、思わぬ誤算を生むケースも増えております。先日の東洋経済オンラインにも興味深い記事がございましたので、ご紹介させて頂きます。

 

2018/1/23東洋経済オンラインより一部抜粋(https://toyokeizai.net/articles/-/205252)

アラフィフ世代は「55歳の崖」を知らなすぎる
「役職定年」を甘く見ると、老後は貧しくなる

突然ですが、皆さんは「役職定年」という言葉を知っていますか。もし読者の皆さんが20代や30代なら、言葉は知っていたとしても、実感が湧かない方々も多いでしょう。

役職定年とは、ひとことで言えば、定年の前に、一定の年齢に達したことなどで、管理職から外れることを言います。厚生労働省の「賃金事情等総合調査(退職金、年金及び定年制事情調査)」によると、慣行による運用を含め、大企業のうち、ほぼ半数の企業が役職定年制を導入しています。もし会社勤めのサラリーマンなら、やはり「自社の人事制度」はしっかり理解しておきたいものです。あなたの会社には「役職定年制」が導入されていますか?

「役職定年」なら年収激減、愕然とする50代

筆者はファイナンシャルプランナーとして、複数の企業と契約し、個人の顧客のライフプラン相談にものっていますが、先日相談に来た50代男性の山田長政さん(仮名)に目の前で泣かれたときは、さすがに戸惑いました。山田さんは、会社の「ライフプランセミナー」で役職定年、年収ダウン、退職金の実態、再雇用時の年収減を知り、愕然としたそうです。

お気持ちもわかります。なぜなら、3人の子供の一番下は中学生。まだまだ教育資金もかかるし、やっと手に入れたわが家の住宅ローンも。いろいろ考えると、このままだと老後破綻どころか、子供を大学に行かせることさえ難しくなるかもしれないと思い、勇気を出して、奥さんに「働いてくれ」と切り出したそうです。

「実は、妻に泣かれましてね。『今まで信じてやってきたのに、今さら働けって言われたって、どうしていいかわからない』って言うんですよ。僕もこれまでぜいたくはさせられないにしてもなんとか頑張ってきたし、妻も専業主婦として子育ても家計のやりくりもしっかり頑張ってきてくれた。それなのに、50代になってから『働いてくれ』という僕自身も本当にふがいなくて」。思わずこぼれた涙は、家族への愛が詰まっていました。

以上

当社では、今後の人生設計のお手伝いをしており、お問合せ頂いたお客様の今後の人生における収入や支出等を細かに試算するライフプランシミュレーションというものが非常にご好評を頂くところでございますが、実はこのシミュレーションを通じて初めて55歳のタイミングで訪れる「役職定年」の存在に気付くという方が存外に大勢いらっしゃいます。
たとえばこの役職定年というものが存在しなければ、給料は定年時まで右肩上がりに推移しますので、実態とはかけ離れた想定になってしまいます。実際に先日ご相談頂いた上場企業にお勤めのお客様の例をご紹介させて頂きますと、元々高年収というのもおありですが、役職定年前と後では年収の開きが1000万円程度生じるという結果が出ました。仮に定年が65歳の会社であれば、1000万円×10年で生涯年収が1億円も変動してしまうという驚くべき結果が出ました。もちろんお客様のご年収やお勤めの企業によって変動値は変わってきますし、役職定年がない企業もあるかと思いますので一概には申し上げられませんが、なんとなくで想定していた老後とはかけ離れて未来を迎えてしまうというケースは往々にしてあるようです。

今回はそんな想定外のほんの一例をご紹介させて頂きましたが、まだまだ他にもこういった要素は隠れているようです。先ほどの話にも出てきましたが、当社ではこういった想定外が起こらないよう、無料でライフプランシミュレーションを作成しておりますので、少しでも気になられた方はどうぞお気軽にお問合せください。

失敗しない不動産投資のノウハウブックをプレゼント

頭金0円で、堅実な不動産投資ができる!

pagetop