エストアンドカンパニー

不動産投資最新情報

定年が70歳に!?

様々なメディアで「人生100年時代」という単語を耳にする機会が増えてまいりました。しかしながら、あまり実感の湧いていない方も多いのではないでしょうか?そんな中、世間も人生100年時代に向けた動きが強まって参りました。先日の日経新聞にもその一端である雇用継続に関する記事がございましたのでご紹介させて頂きます。

2018/2/10日経オンラインより一部抜粋(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26786160Q8A210C1MM0000/)

イオン子会社の総合スーパー、イオンリテールは、65歳の定年を迎えた従業員が雇用継続を希望する場合、70歳まで全員が継続して働けるように制度を見直す。必要だった社内での承認手続きをなくす。小売業界で人手不足感が高まるなか、就労意欲を高め、高齢社員の労働力を生かす。
同社は正社員とパート社員を共に65歳定年としている。これまでも希望者についてはパート社員として70歳まで雇用を継続する仕組みがあった。
イオンリテールでは正社員とパート社員を合わせて十数万人の従業員がいる。そのうち、毎年約3000人が65歳の定年を迎える。現在も希望者はほぼ全員雇用を継続しているが、本人の経歴などについて社内で承認する必要があった。
これまでも承認者を人事部長から店長にするなど手続きの簡素化をしてきたが、これを2月下旬からなくす。65歳以降の職場は、本社の社員だった人材も店舗が中心になる。スーパー業界では、シニア人材の活用が広がっている。

以上

世の中が急速に人生100年時代に向けて動き出している中、我々もそれに伴う行動を取ることが急務と考えている方が多いようです。事実、弊社にも将来について不安を抱えられている方からのお問い合わせが非常に増えております。準備が急務といっても、思いつくものを何でもやればよいという訳ではなく、やはりご家庭のライフプランに適した投資が必要になって参ります。

それに、この機に乗じた悪徳業者から粗悪な物件を購入してしまい空室に悩まされているというオーナー様からのお問い合わせも頂いております。まずはご自身の置かれている状況を正確に把握し、目的を明確にし、その計画に最適な投資を選択する必要があります。

弊社ではそんなお客様からのお声にお応えし、無料のカウンセリングサービスを実施しております。「投資をやる、やらないではなく、家計における問題点が明確になり非常に参考になった」と喜ばれているオーナー様もいらっしゃいますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

 

失敗しない不動産投資のノウハウブックをプレゼント

頭金0円で、堅実な不動産投資ができる!

pagetop