エストアンドカンパニー

不動産投資のノウハウ

利回り3%以上

こんにちは。
今月の日経電子版でおもしろい記事が掲載されていましたので、ご紹介します。

旅行積立で海外へ 「利回り」3%以上、使途は限定
~NIKKEIプラス1 2018/1/11~

テレビで出入国ラッシュを眺めて「来年の正月こそ海外で!」と誓った人もいるだろう。預けたお金が3%以上の「利回り」で増やせる旅行積立が選択肢の一つになるかもしれない。

「どっちにしようかな」。東京都在住の主婦(41)は、こうつぶやきながら旅行大手JTBの2種類のパンフレットに熱心に見入っている。一方は「JTBクルーズ積立」、もう一方は「JTBハワイ積立」という旅行積立のものだ。それぞれクルーズ旅行、ハワイ旅行に充てる旅行代金を年3.0%の単利で増やせる仕組みになっている。資金使途が限られているとはいえ、マイナス金利下で年3.0%はやはり目を引く。

JTBの一般的な旅行積立の利回りは年1.75%。「クルーズ」「ハワイ」は旅行代金が比較的高額なので、特別に高い利回りを設定しても顧客を早期に囲い込めるなら採算が合うもようで、2月末までの期間限定で扱う。

ANAセールスの「ANA旅行積立ハワイ限定プラン」の利回りも年3.8%と高い。30万円以上、1万円単位で最長2年間預けられる。同社は一般的な旅行積立でも当初1年の利回りが3.0%と高めだが、ハワイ限定プランはこれをさらに上回る。

とてもおもしろい商品ですね。

定期預金や保険商品などで貯金をしている方にとって利回り3%はとても魅力的ではないでしょうか。もしかするとブログを読まれている方の中には既に利用されている方もいるかもしれませんね。

しかしながら、この商品は旅行に限定されているから高利回りを実現できますが、マイナス金利の影響もあり、堅実な運用商品で利回り3%の商品を探すのは困難な時代となってしまいました。

当社がメインで紹介しているワンルームマンション投資の場合は、価格が2,000万円で賃料が毎月6万円のワンルームマンションを購入されて運用された場合は、利回りは3.6%と計算ができます。日本国債などと比較しても高い利回りです。

もちろん投資商品ですので、リスクはありますが、そのリスクをしっかりと管理できるとしたら、魅力的ですよね。

不動産投資を行うにはいくつか気を付けないといけないポイントがありますが、実はとても簡単なことだったりします。無料でお渡しできる資料もございますので、ご興味があれば、お気軽にお申し付けください。

pagetop