エストアンドカンパニー

不動産投資のノウハウ

不安のタネを「見える化」する

人はわからないことや知らないことをするのが怖かったり、不安に感じたりします。新しいことにチャレンジする時も、不安になったり緊張したりするのはそのためです。
人生においても、小さいことから大きな将来不安まで、さまざまな不安はつきまといます。そんな不安の解消に役立つ記事がありましたので、ご紹介させて頂きます。

現代ビジネス 2018年1月12日より一部抜粋
「皆さんが感じている不安というのは、そのほとんどが正体が見えないことによる漠然とした不安なんです
そう話すのは、PlanSmart(セミナーを活用した従業員向けの金融教育プログラム)プラチナ認定講師の伊部洋さん。
これまで多くの「将来不安」と向き合ってきた伊部さんによると、将来不安は世代ごとに変化があるものだそうです。
「具体的には30代は住宅、40代は子どもへの教育。そして40代後半〜50代は老後のことで不安を感じます。でも人生におけるお金との上手な使い方は学校では教えてもらわなかったこと。初めて通る道で不安になるのは、当たり前といえば当たり前です。未知のために、誰もが一歩を踏み出すことをためらってしまいます。それが将来不安の正体です」
将来不安を払拭するためには、まず不安を感じさせているものが何かを「見える化」する必要があります。
人生100年時代といわれる今、老後に再就職し年金以外からも収入をえているような人も増えてきています。
ですが、まず私たちが今のうちからできることとしては、健康なうちに将来のことを設計し、未来に対する備えをしておくこと。そのためには、まず自分の将来を「見える化」させ、必要なお金などを明らかにすること。
そうしてはじめて、将来に対する準備をどうすればいいのかが見えてくるのだと伊部さんは教えてくれたのです。

いかがでしたでしょうか?
もしまだ「見える化」が出来ておらず、将来に対する漠然とした不安があるという方は、ファイナンシャルプランナーが監修した弊社のライフプランシュミレーションを活用していただいて、ご自身の将来を「見える化」し、ご自身の人生を不安なく過ごしていただければと思います。
皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

pagetop