エストアンドカンパニー

不動産投資最新情報

老後破産は他人事ではない

老後の生活と言われても、自分には関係ない。まだまだ先の話だから。と言われる方も大勢いらっしゃいます。しかし、若い人だからこそ今から対策を講じることが出来ますが、年を重ねるごとに着実に老後は近づいてきて、どんどん選択肢もなくなってしまいます。

弊社では、ライフコンサルティングを得意としており、お客様のご状況に合わせてプランニングをさせて頂いておりますが、80歳より手前に資金が底をつく試算になる家庭は決して珍しくありません。特に毎月の支出が多くなってしまっている家庭は要注意です。

弊社に相談に来られた年収1000万円のAさんの場合、毎月46万円の手取りから43万円は支出があるそうです。ボーナスも気付いたら大きな買い物や旅行に費やして思うように貯金が増えないとのこと。
仮に老後も今の毎月43万円の支出のままだと、退職から年金が受給される無年金の60~65歳までは年間516万円の生活費が必要です。65歳以降は、公的年金の受給額は概算で月額約25万円ですが、それでも毎月18万円が不足することになりますので、年間216万円を取り崩すことになります。

退職した時点では退職金も含めて貯蓄が4000万円に達するとしても、65歳の年金受給開始までの5年間に少なくとも516万円×5=2580万円を貯蓄から取り崩すことになるので、65歳時点の貯蓄額は多くても約1420万円。65歳以降の貯蓄からの取り崩しは年約216万円ですので、この1420万円は6年余りで底をつく計算です。支出を抑えない限り70歳になった時点で家計が破綻する可能性を大いに秘めているという事です。更に老後には、予想だにしない支出(リフォーム費用、医療費、冠婚葬祭)が沢山あります。

今後、自分のお金は自分で増やさなければならない時代と言われていますが、日本ではお金に関する教育をほとんど受けていない人が多いため、お金を増やす方法を知らない方が実に沢山いらっしゃいます。
そのうえ、気付いたら生活レベルが上がっていて、支出がいくらなのか分からない、管理できないという方もいらっしゃいます。

そして、どこか他人事な方も多く、「自分は長生きしない」「老後は何とかなる」「今が良ければいい」と目を背けたり問題を先延ばしにすることで、いざというときに身動きできないほどに深刻化しており、老後破産せざるを得ないというケースも決して珍しくありません。

お金に関する情報や知識は、自ら動き収集しなければ、なかなか手にすることが出来ません。
「知らなかった」ことが大きな損失を生んでしまう時代だからこそ
まずは、「老後を豊かに生き抜くためにはいくら必要なのか?」「お金はどうしたら増えるのか?」「自分にはどんな選択肢があるのか?」身近な疑問と向き合いながら将来設計をしていくことが資産形成への第一歩です。

弊社では、投資経験が0の方でも、お金の知識が全くない方でも、着実にマネーリテラシーを向上させることが出来る勉強会や相談会を毎週開催しております。
是非、この機会にご参加してみてください。皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

pagetop