エストアンドカンパニー

不動産投資最新情報

都心回帰がとまらない。

みなさん、ご存知でしょうか。

「職住近接」志向で人気集中 首都圏の新築、10年で3割高

という事実を。

こちらは平成29年11月1日(水)の日経新聞(日刊)からの抜粋となります。

マンションの都心回帰が鮮明だ。居住できる土地(可住地)に占めるマンションの敷地割合は東京都区部で4.98%と10年間で1.02ポイント上昇し、都心部で9%近くに達する区も出てきた。消費者の「職住近接」志向や富裕層の節税対策で、都心部のマンションに人気が集中している。

東京都心部ではタワーマンションの建設も活発だ

東京カンテイ(東京・品川)が31日、三大都市圏の9月時点のマンション敷地の割合をまとめた。首都圏だと東京都渋谷区の8.90%が最高で、2007年に比べ1.46ポイント上昇。中央区は6.07%と2.03ポイント上がった。15年完成の住友不動産の「ドゥ・トゥール」など湾岸部でタワーマンション建設が相次いだ。

近畿圏は大阪市北区の敷地割合が07年の4.18%から、今年9月時点では5.77%まで上昇。オフィス街の色彩が濃かった中央区でもタワーマンションが増えている。

一方で、郊外はマンションの分譲が伸び悩む。東京都青梅市は0.67%と10年間で0.07ポイントの上昇にとどまり、八王子市や立川市も2%に満たない。千葉県も千葉市美浜区(6.25%)など一部を除き、敷地割合が低い。

需要や分譲が中心部に偏った影響もあり、マンション価格は高騰が続く。不動産経済研究所(東京・新宿)によると、今年9月の新築マンションの分譲価格は首都圏平均で5823万円と、10年前に比べ3割上昇。東京カンテイがまとめた中古マンションの9月の売り出し価格(70平方メートル換算)も首都圏平均で3555万円と同2割上がった。

以上

 

どのようにお感じになられましたか?需要と供給、いかに供給が少なく、需要が旺盛な投資ができるか。これこそが失敗しない為、成功する為に必要な絶対条件となります。世の中には、自社の利益を追求するあまりに相場とはかけ離れた販売価格の物件が多くでまわっています。しかし、その判断はどのようにすれば良いのでしょうか?そして、価格さえ妥当であれば本当に失敗しないのでしょうか?
すべて、真実をお伝えさせていただきます。詳細を知りたい方には、無料でお伝えさせていただきますのでお気軽にご連絡くだい。知っているか知らないかでは、結果は大きく異なってくるでしょう。

pagetop