エストアンドカンパニー

不動産投資最新情報

人口の40%は高齢者の時代へ

約800万人と言われる団塊の世代(1947~49年生まれ)が前期高齢者(65~74 歳)に到達するのが2015年、そして、75歳(後期高齢者)を迎えるのが2025年です。「2025年問題」といわれ、話題になったので記憶にも新しいのではないかと思います。

現在1,500万人程度の後期高齢者人口が、約2,200万人まで膨れ上がり、全人口の4人に1人は後期高齢者という超高齢化社会となります。日本は2005年を折り返し地点として人口減少社会に転じた一方、65歳以上の高齢者数については2040年ごろまで増え続けると推計されています。

特に後期高齢者については、2050年ごろまで増加傾向が続くと見込まれているそうです。そして、日本の総人口は2050年には、約25%の3300万人減少し、9515万人となるといわれており、高齢化率は20%から40%へ、生産年齢人口は、8442万人(66.1%)から4930万人(51.8%)とも予想されています。


人口が25%減り、人口の40%は高齢者の時代へ・・・年金はどうなるの?企業数はどうなるの?収入はどうなるの?物価はどうなるの?所有物件はどうなるの?

本当に深刻な問題だと感じとっている人からのお問い合わせが増えています。目先では2017衆議院選挙が目前にせまっていますが、私たちが本当に考えなければならない、もっと深刻な問題はすぐそこまで迫っています。今、ここで気づいて行動に起こす人としない人とでは、10年後、20年後、30年後に振り返ったときに大きな差が生まれているはずです。皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

pagetop