エストアンドカンパニー

不動産投資のノウハウ

不動産会社の見極め方

こんにちは。
本日は、不動産会社の良し悪しの見極め方をご紹介します。

マンション投資成功の法則として経験豊富なパートナー、業界のプロフェッショナルに相談することが成功への近道ですが、残念ながら、昨今の投資用不動産業界は、お客様目線ではないことが多々見受けられます。購入してからが本当のスタートであるのに、売ったら終わりと考える不動産会社が少なくないのが実態です。信頼できるパートナーを選びは非常に重要です。

チェックポイント1
「強引な営業をしてこないか」

投資用不動産業界では強引な営業をしている企業が残念ながら少なくありません。軽い気持ちで話しを聞くつもりで出向いたつもりが、買うまで帰さない姿勢で何時間も拘束されることや、しつこい電話勧誘などが横行しています。何故そのような行為が横行してしまうかというと、高額な販売時のインセンティブや、販売ができないと基本給が下がってしまうペナルティが発生するような給与形態が多いからです。その為、強引な営業をする担当者や企業は、お客様目線ではありませんので、注意が必要です。

チェックポイント2
「おとり広告をなど、不当なことをしていないか」

投資に限らず不動産業界では、おとり広告など、不当なことをしている企業も見受けられます。おとり広告は、ありもしない物件をホームページなどで相場よりも割安に掲載して集客をしたりすることです。このようなことをしている企業が良いパートナーになるはずはありませんので、注意が必要です。

チェックポイント3
「信頼できる担当者かどうか」

不動産業者の話しを聞く際は、担当者が付きます。その担当者が企業の顔です。不動産投資の仕組みや税制面などの知識が不確かな担当者では良いパートナーにはなりえません。また、知識があったとしても、知識があるから安心と営業マンの口車に乗せられてはじめてしまうと、後々話しが違うということにつながってしまいます。紹介物件が絶対に値上がりするかのようなオーバートークなどをしていないか、話しのつじつまが合っているかなど、自身が担当者を見極めることも重要です。

エストアンドカンパニーでは、お客様の目線に立ち、販売から運用、売却までトータルサポートをしています。また、不動産投資のプロフェッショナルであることは自負しておりますが、不動産投資以外の投資商品の知識も日々積みあげて、比較したお話しができるよう、株やFX、国債や社債、リートや仮想通貨まで知見を広げております。不動産業界が本来あるべき姿へリードする企業として、「お客様ファースト」な社内教育を徹底していますので、安心してお問い合わせください。

pagetop