エストアンドカンパニー

不動産投資のノウハウ

不動産投資はできるだけ早く始める!

不動産投資は時間を味方につける

これから不動産投資を検討されている方とお話する中で、始めるタイミングについて、いつ始めるべきか?というご質問を頂く機会が多くありましたので、この機会にご説明させて頂きます。基本的に、不動産投資はは1ヵ月でも1日でも早く始めるに越したことはありません。始める時期の違いは、そのまま物件のローンを完済する時期につながります。

例えば、通常不動産を購入する際には、ほとんどの方が35年間の融資を利用されますが、大多数の方が65歳の定年のタイミングを目標にして返済をされます。20代の方であれば、何もせずとも定年までには返済を終えられますが、30歳以上の方に関しては、繰り上げ返済をする等自助努力によってローン年数を短くしたり、定年時の退職金でその時の残債を一括返済したり等、つまりは早く始めれば始めるだけ、完済のタイミングを早められる為、自助努力や退職金の消費を低く抑えられます。

例えば30歳の方、35歳の方、40歳の方が同時に不動産投資を始められた場合、2500万円の物件を、一般的な金融機関で35年間の融資を利用して取り組み65歳の退職時に、退職金でローン残高を一括返済するケースを想定します。30歳の方は、65歳時点で完済しますので退職金の消費はありません。35歳の方は、65歳時点での残債が約460万円。40歳の方は、65歳時点での残債が約880万円となり、それぞれ退職金から捻出する必要があります。それでは、この差はどうして生まれてしまうのでしょうか?

もちろんこれがご自身でお住まいになるご自宅であれば「早く始めてもその分長い期間ローンを払ったのだから残債は減っていて当たり前。どうせ払うなら後から退職金でまとめて払っても先に払うか後に払うかで変わらない。」と思われる方もいらっしゃるのではないかと思いますが、実は不動産投資においては、ローンの返済をご自身でして頂く必要はありません。ローンの年数や、金利等の諸条件にもよりますが、ほとんどの方がローンの返済に関して、入居者から支払われる家賃でまかなわれています。つまり、先ほどのケースでいう30歳の方であれば、35年間の返済のほとんどを家賃でまかないながら、65歳のタイミングで無借金のマンションと、今までは返済に充てていた家賃が安定的に手元に入ってくるというわけです。

しかし、これが35歳や40歳の方が始めるのが損かというと、それは違います。仮に完済のタイミングが70歳75歳だとしても、ローン期間中家賃を月々の返済に充当できるのには変わりありませんので先ほどのケースの40歳の方であっても、退職時までの25年間で880万円を用意できれば問題ありませんので、年間約35万円、月々3万円の積み立てで、25年後には、安定した家賃収入が期待できるというわけです。35歳の方であれば、30年間で460万円の準備が必要ですので、年間約15万円、月1万3千円の積み立てで済んでしまいます。つまりは、早く始めれば始める程その期間中家賃が入ってきますので、自身で何もしなくてもローンの返済が進み、完済のタイミングも早まるという訳です。

40代や50代の方であっても、個人年金等の金融商品であれば掛け金の全てを自身で負担しなければなりませんが、不動産投資であれば金融商品でいう月々の掛け金を家賃という他人資本でまかなえますので十分に取り組む価値があると言われています。しかし、そうして始められた方々が皆様口を揃えて「20代の時に始めるべきだった」と仰ります。早いタイミング始める程、よりメリットを享受できるのが不動産投資です。当社では、無料でのカウンセリングやお客様のライフプランに合わせたプランニングを行っておりますのでご興味をお持ちであれば、早い段階でのお問い合わせをおススメしております。

pagetop