エストアンドカンパニー

不動産投資のノウハウ

賃貸管理や入居実績のいいマンションを選ぶ

物件選びのポイント

不動産投資において物件選びは非常に重要なポイントです。どんなに立地が良くても入居者がつかなければ意味がありません。では、優良物件を見極めるためにはどうすれば良いのでしょうか?

長期的に安定した家賃収入を得ていくにあたって、最も重要視するべき点は、管理状況と入居実績が良好なマンションを選ぶことです。もちろん、ご自身が購入する部屋の入居者の方も大切ですが、それ以外にも他の部屋にどのような入居者が住んでいるのか?ある程度、把握しておく必要があります。

例えば、事務所や店舗として利用している部屋があると、人の出入りが多くなり、共有部分が荒らされたり、騒音などの問題から一般の入居者からは敬遠されがちになります。また、外国人ばかり住んでいるマンションの場合は文化の違いや騒音、家賃滞納など様々なトラブルが発生するケースもありますし、夜の仕事の方ばかりが住んでいるような場合も活動時間の違いなどから苦情が多くなる傾向があります。

上記のようマンションの場合、入居者が安定せず、せっかく入居者が入ってもすぐに出て行ってしまうと、空室に困った他のオーナーが家賃や入居者の質を落としてでも入居させてしまい、次第にはスラム化につながってしまうという悪循環に陥りかねません。一般的にマンションの賃貸管理をしている会社は部屋ごとにバラバラになっているケースが多いので、マンション全体の賃貸状況を確認するという作業は容易ではありません。ましてや、一般の方が全ての部屋の管理状況を調べることは難しいでしょう。

弊社でご紹介している中古物件については、事前に物件の管理状況や入居実績を入念に調査した上で物件の仕入れを行っております。物件を選定するうえで立地や価格、利回りももちろん重要ですが、何よりも、賃貸管理・入居実績の良いマンションを買うことが最も重要です。

pagetop