エストアンドカンパニー

不動産投資のノウハウ

生命保険代わりの不動産投資

不動産投資が生命保険代わりになる??

 

みなさま不動産投資が生命保険代わりになる。こんなお話は聞いたことがありますか??すでに住宅をお持ちの方はご存知の方も多いのですが、まだまだご存じでない方も多くいらっしゃるので、ご説明できればと思います。

不動産投資を取り組むにあたり、二通りの投資方法が存在します。まず一つ目は、現金で不動産を購入する方法です。そして二つ目が金融機関の融資を利用して不動産を購入する方法です。ご自宅をお持ちの方はご存知かもしれませんが、この金融機関の融資を受ける際に、ほとんどの金融機関で「団体信用生命保険」という保険に加入することができます。

 

これは何の保険かというと、ローン期間中に万が一、オーナー様(ローンを借りた本人)が死亡された場合や高度障害状態(失明、言語機能を失う、半身不随等、金融機関により異なります)に陥られてしまった場合、ローンの残債をすべて保険で賄うことができます。結果として、無借金のマンションをご家族のお手元に残すことができます。また、ご自宅の場合とは異なり、投資用不動産の場合、ご家族は、毎月、不動産が生み出す賃料という安定的な収入を得続けることができますし、タイミングによっては、売却してまとまった現金に換えることもできます。そして、何より団体信用生命保険の保険料は、金融機関の貸出金利に内包されている為、別途保険料を毎月負担するようなこともありません。

 

また、今年2017年4月より、各生命保険会社が複数の保険商品の保険料を一斉に値上げいたしました。これには理由があり、生命保険会社も皆様から預かる保険料を運用し、保険金の支払いに備えますが、昨年日本銀行が導入したマイナス金利政策の影響により、市場金利が著しく下がり、生命保険会社が想定していた運用ができず、結果として保険料の値上がりという措置を取ったようです。この保険料の値上がりに際し、保険料の見直しをされる方も非常に増えており実際に、当社のお客様でも不動産の購入を機に、各種保険や死亡保障等を見直ししたところ毎月のお小遣いが5000円ほど上がったと喜ばれているオーナー様もいらっしゃいました。

各種保険の見直しに際しては、保険商品に限らず、不動産を組み込んでのプランニングを行えば、インフレヘッジや私的年金等々多様なメリットを享受できますので皆様のご状況に合わせた無料プランニングをおすすめしております。弊社では、不動産投資に限らず保険商品や他の投資商品も含めた上で、お客様にとって最も最適な将来対策や資産形成法をご提供しております。是非、この機会に、ライフプラン見直しのお手伝いが出来れば幸いです。皆様からのお問い合わせお待ちしております。

pagetop