エストアンドカンパニー

不動産投資情報コラム『ESTIMES(エスタイムズ)』
金融・不動産投資の最新マーケット情報をお届けします。

世界から東京の不動産が注目!!

皆様こんにちは、今回は世界から東京の不動産が注目されているという
面白い記事を発見したのでご紹介いたします。

2018/4/5 日経新聞より:東京が「ビッグ7」入り、魅力的な不動産投資先

米不動産情報大手のジョーンズラングラサール(JLL)は2018年の都市比較インデックスリポートで魅力的な不動産投資先として世界の83都市を選び、東京を最上位の「ビッグ7」に位置づけた。不動産投資でまず名を挙げるべき都市と評価した。ほかに京都、名古屋、大阪も83都市に入ったが、国別でアジア最多の12都市が選ばれた中国の勢いが目立つ。

JLLは世界80カ国に300拠点を持ち、商業施設や物流施設、オフィス、ホテルなどの管理や仲介を手掛ける。今回のリポートは同社の取引価格や件数、マーケティング情報などに基づいて選定した。

83都市を10のランクに分類し、最上位「ビッグ7」にはロンドン、ニューヨーク、パリ、シンガポール、東京、香港、ソウルを入れた。多国籍企業や国際間取引を手掛ける投資家が最初に注目するという。

京都は5番目の「インフルエンサー」でオフィス賃料の変動幅が小さく安定した不動産市場を持つと判断した。名古屋、大阪は10番目の「国内成長エンジン」。自国内で経済的な位置づけが高いという評価だ。

一方、中国からはビッグ7を追い上げる存在として2番目の「挑戦者たち」に上海、北京を選んだ。不動産投資家の誘致に成功している7番目の「エンタープライザー」に広州と深圳を、オフィス賃料の上昇率が最も高い8番目の「パワーハウス」に成都や重慶など8都市を入れた。
以上

上記のように世界で見ても東京の不動産は注目されています。
しかし東京ならどこでもいいというわけではありませんので、立地の選定や投資する物件は非常に重要なポイントです。

弊社では、お一人お一人のご目的や資産状況に応じたプランニングなども行っております。まずはお気軽にお問い合わせください。

失敗しない不動産投資のノウハウブックをプレゼント

頭金0円で、堅実な不動産投資ができる!

pagetop