エストアンドカンパニー

不動産投資のノウハウ

女性だからこそ

こんにちは!
秋晴れが続いていますがブタクサ・ヨモギの花粉が日に日に増してきていますね…。
皆様秋花粉の影響はありますか?
(私はくしゃみが止まりません…。)

さて、気になるコラムを見つけたのでご紹介したいと思います。

~以下掲載記事~
[NIKKEI STYLE 2018/08/23より]

■女性は最後はお一人さまの可能性
女性がなぜお金に不安を感じるかというと、男性よりも長生きだからです。65歳時点での平均余命は男性で約20年、女性で約24年であり、以前も指摘した通り、65歳以上で配偶者がいない人の割合は男性は約2割、女性は約5割とシングル女性の比率が倍以上になります(2015年の国勢調査のデータから筆者が算出)。
これは夫に先立たれる女性が多いということを示しています。つまり、女性は結婚していてもしていなくても最後はお一人さまになる可能性が高いのです。
長く会社勤めをしていた男性なら、お一人さまでも年金も退職金もありますから、生活に困窮するということはあまりないでしょう。しかし、女性のお一人さまの場合は男性ほどは年金などを受け取れないケースが多いものです。男性ほどは生涯賃金が高くないことなどが理由です。にもかかわらず、男性より長生きなので老後費用は余計にかかるのです。
■「介護は3回ある」といわれる
最大の問題の一つが介護です。「女性には介護が3回ある」といわれます。親の介護、夫の介護、そして最後は自分の介護です。特に自分の介護のとき子どもに面倒を見てもらいたくなければ、高齢者施設に入る必要があります。
しかしながら、高齢者向けの施設はどれだけお金をかけられるかによってサービスにかなり差が出てきます。言い方は悪いですが「老後の沙汰は金次第」ということになるのです。では、実際に何を心がければいいのでしょうか。
それは一にも二にも自分の老後資金づくりに励むことです。多くの場合、妻が働く理由は夫の給料だけではやっていけないので家計の足しにするとか、自分で好きな物を買ったり、旅行に行ったりしたいといったことでしょう。そこにもう一つ、「自分の老後の資金づくり」という目標を掲げるのも必要だと思います。
正社員ならずっと働き続けることはもちろん、専業主婦も子育てを終えたらどんどん働きに出るべきだと私は考えます。一般的には専業主婦がパートで働く場合、配偶者控除を受けるためや自分の社会保険料負担を避けるため、働く時間を少なくするという、いわゆる「〇〇万円の壁」を意識することが多いと思います。
~以上~

引用元:https://style.nikkei.com/article/DGXMZO34132070U8A810C1000000?channel=DF280120166581&n_cid=LMNST011

いかがでしたか?

男性よりも平均寿命が長い女性。
せっかく男性より長生きできる女性に生まれたからには最後まで楽しく過ごしたいですよね!

しかしこのコラムにあるように長生きできる分、お金もかかります。
でも女性は化粧品や洋服、バッグに靴、友達とのご飯…
老後だけでなく今もこの先も沢山お金がかかりますよね。

セミナーにはお一人で参加されてる女性が結構多くいらっしゃるのですが、
皆様やはり「お金」に不安を感じておられます。
コラムの通り、既婚女性はやはり【3回の介護】、独身女性は【貰える年金の金額が男性より少ないのに老後費用がかかりそう】と心配されているようです。

あまり考えたくないかもしれないですが、後々大変なことになる前に
女性だからこそしっかり将来の対策をしていかなければなりませんね!!

失敗しない不動産投資のノウハウブックをプレゼント

頭金0円で、堅実な不動産投資ができる!

pagetop