エストアンドカンパニー

不動産投資のノウハウ

70歳まで就業

みなさまこんにちは。日ごろから何かと取りざたされている年金問題ですが
就業年齢や年金支給を70歳に引き上げようという動きが盛んになってきているようです。

内容としては、タイトル通り「70歳まで就業」実現へ議論というもので、
私自身もまだまだ現役世代ではあるので、目を引かれたところではあります。

以下、一部引用 日本経済新聞(https://www.nikkei.com/article/DGKKZO36897750V21C18A0EA5000/)

政府は未来投資会議(議長・安倍晋三首相)で、70歳まで働くことのできる環境を整えるための議論に着手した。人生100年時代を見据え、意欲のある高齢者が長く働けるようにする。65歳まで義務付けている「定年延長」などの雇用確保措置よりも緩い形で、70歳まで働き続けられる仕組みを整える方針だ。
以上。

こういった背景から、今後、年金支給年齢も伸びていくと予想されます。
人生100年時代を見据え老後の必要資金がいくらくらいかかるのか?
老後ゆとりある生活を送るにはどうすればいいのか?
我々、現役世代が定年を迎えた時、年金制度はどうなっているのか?

不安を言えばキリがないですが、こういった不安を抱えてる方から大変多くのご相談を頂いております。
まだまだ先の話だから…どうしても先延ばしにしてしまう方も多いのですが、それでは根本的解決にはなりません。
現役世代の今から対策することが重要です。

自分にはどんな対策が必要なのか?少しでも気になった方はお気軽にお問い合わせください。

失敗しない不動産投資のノウハウブックをプレゼント

頭金0円で、堅実な不動産投資ができる!

pagetop