エストアンドカンパニー

不動産投資最新情報

時間をかけて収入源を作る大切さ

投資というと、どうしても目先の利益を追い求めがちになりますが、みなさまは普段“いつ”に視点を置いて投資されていますか?
一般的に投資というと「あるもの(お金)を増やす」という印象を持たれている方がほとんどだと思いますが、「新たな収入源を増やす」という視点を持つこともとても重要です。

新聞やビジネス雑誌には、「若年層」の投資についての記事や、「女性」投資家が増えているといった記事が増えてきており、当ブログでも以前そういったご紹介をさせていただきましたが、実感としても最近では私と同世代の20-30代のサラリーマンやOLの方が不動産投資に取り組むケースが急増しているなと感じています。
なかにはすでにマンション5戸持っているお客様も最近では増えておりますが、そういった方々は「目先」の利益ではなく、「将来への備え」として取り組まれています。

みなさまも一度は聞いたことがあるかもしれませんが、マンション投資は年金対策として非常に有効な手段となります。

私と同世代のお客様のほとんどがこうした年金対策として取り組まれていますがそれもそのはずで、定年後に貯金を切り崩しながら生活していくことを想像すると、とてもストレスだと感じる方が多く、それであれば自分の引退後にお金を生む仕組みを作ってしまおうという考えの方が多いようです。
それも、マンションの一部屋の不労収入だけだと不安が残るということで、マンション投資だけで「ゆとりある老後の生活」が出来るように、マンションを5戸(部屋)持ってしまえば、そこまで焦ることもなく快適に老後を過ごせるだろうとみなさま複数持たれてお取組みをされています。

「自分以外の収入源の確保」というとどことなく“ズル”をしていると感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、賢く資産形成をし、ご自身の老後への備えとしての手段として多くの方がお取組みをされているマンション投資を知らない方が損と思う方も同じようにいますので、まずはどのような方がどのくらいの物件を持っているのか知る意味でも弊社では無料のプランニングを実施させていただいておりますのでまずは気軽な気持ちでお話を聞いてみてはいかがでしょうか。

pagetop