エストアンドカンパニー

不動産投資のノウハウ

「定年後も働きたい」50~64歳の正社員の約8割が希望

みなさまは「定年後も働きたい」と思いますか?

いまの仕事にやりがいを感じ、体が動く限り働きたいという方もいらっしゃれば
なるべくなら働かずに生きたいという方も多いのではないでしょうか。

私も早期リタイヤを夢見ながら日々仕事をしております。
本日ご紹介する記事はこちらです。

日本経済新聞 朝刊より引用【定年後も働きたい」50~64歳正社員の8割民間調査、意欲と現実に差も

定年前の50~64歳の正社員のうち約8割の人が定年後も「働きたい」と希望していることが明治安田生活福祉研究所(東京・千代田)の調査で分かった。だが男女とも2割前後は「働きたいが働けない状況と答えていた。働きたい理由としては「日々の生計維持のため」がトップで50代男女では約7割を占めた。「働きたくない」は男女とも約2割だった。

同研究所は「子供の進学費や住宅ローンがかさむ中、老後の収入を不安視する人が多いのでは」と指摘している。

調査は今年2月にインターネット上で50~69歳の男女6250人を対象に実施。年齢層や現在の職の有無を区分して、定年後の働き方に関する意識を調べた。

定年前の男女正社員2500人に定年後も働きたいかと聞いたところ、「働きたい」と答えた人は、50~54歳の男性正社員では78.0%を占めた。55~59歳では78.4%、60~64歳では82.6%に上った。女性正社員でもいずれの年齢層で75~80%を占めた

働きたい理由(複数回答)を尋ねると、全年齢層でも「日々の生計維持のため」が最多で、50~54歳の男女正社員では70%以上だった。55~59歳、60~64歳の年齢層でも50%以上に上った。続いて多かったのは「生活のハリ・生きがい」でどの年齢層でも30~50%程度。年齢層が高くなるにつれ割合が上昇する傾向にあった。

同研究所は「年金の支給開始の後ろ倒しが議論される中、定年後も最低限の収入は確保したいと考える人が多い」と分析する。

ただ定年後に働いている60代男性のうち、60~64歳では「日々の生計維持のため」が最多だったが、65~69歳では「生活のハリ・生きがい」がトップに。年を取るほど社会とのつながりや充実した生き方を求める傾向も判明した。

以上。

定年後働きたいかどうかという問題以前に、現実として働かなければ生きていけないという状況が我々の前に横たわっていることは周知のとおりです。人生100年時代という言葉も頻繁に耳にしますし、先日公表された日本人の平均寿命も男性が81歳を超え年々伸び続けています。そうしたことは一方では嬉しいことですが、生活費という面から見ていきますとやはり不安を感じている方が非常に多いようです。

みなさまはご自身の老後についてどのようなお考えをお持ちでしょうか。

こうした数字からもわかる通り、将来への不安を感じている方が非常に増えておりますので不動産投資にご興味、実際にお取組みをはじめる方が多くいらっしゃいます。弊社では、単に不動産を販売するだけでなく、その方のライフプランを一緒に考え日々の生活の収支の見直しなどもさせていただきながら、総合的な投資コンサルティングをさせていただいております。

少しでも将来についてご不安を感じているみなさまからのお問い合わせお待ちしております

pagetop