エストアンドカンパニー

不動産投資情報コラム『ESTIMES(エスタイムズ)』
金融・不動産投資の最新マーケット情報をお届けします。

長期投資のすすめ

こんにちは。

5月に入りましたね。新入社員の方は社会人初のゴールデンウィークを過ごされているかと思います。社会人になるとまとまった連休はとても貴重です。その為か、本日の日経新聞には人生100年時代についての関連記事が多かったように思います。貴重な連休中に運用についての知識を深めるのも有意義かもしれませんね。

資産を賢く殖やす 世界に分散 投資少額でコツコツ

日本経済新聞 2018年5月1日 日刊

若さは資産運用の世界でも武器になる──。毎年の運用成果が求められるプロの投資家と異なり、新社会人には定年まで約40年もの歳月、つまり長い運用期間がある。その間、世界の様々な金融資産に長期で分散投資できる。

分散投資のメリットは過去の成績が示している。バブル期以降、世界株指数の連動投信に月1万円ずつ投資していたら、累計投資額は336万円で資産は1113万円に増えていたことになる。

ファイナンシャルプランナー(FP)の鈴木さや子さんが「長期で焦らずに運用できるので若年層にお薦め」と話す個人向けの非課税制度も充実してきた。典型的な例が少額投資非課税制度(NISA)。通常は20.315%の株式や投資信託の運用益に対する税率が、5年間にわたり非課税になる。今年はつみたてNISAも誕生。対象商品はインデックス型投信など計約150本で、投資期間も20年と長い。

「人生100年時代」といわれる中、老後資金づくりも考えたい。個人型確定拠出年金(iDeCo)は運用時に非課税なのはもちろん、掛け金が全額、所得税や住民税の計算対象から外れ、税金が減る。ただ、原則60歳以降にしか引き出せないので資金を投入しすぎないよう注意が必要だ。

最近は月100円からの投信積み立てサービスもあるので、少額でもコツコツ運用して資産を殖やしていこう。

まさに記事の通りです。

若さは投資の世界でも武器となります。運用できる期間が長ければ長いほど、様々な投資商品の恩恵を享受しやすくなります。日経新聞で取り上げられている投資信託や株式投資も、一度にまとまった金額を投下する方法ではなく、毎月1万円なら1万円と決めて長期に積み立てていくことで、購入金額を平均化することがでます。これはドルコスト法という投資手法でリスク管理のひとつの方法です。

新社会人の皆さんが今から始めた場合、65歳までは40年以上あるかと思いますので、月1万円の貯金でも65歳時点で480万円の積み立てができている計算です。仮に貯金ではなく年間3%の運用ができたとするならば、480万円の元金が、800万円ほどに増え、320万円ほどの利益を受けることができます。

時は金なりです。アインシュタインも「複利は人類史上最大の発見」と述べております。

投資信託や株式投資の他にも、投資商品は様々ございます。その全ての商品で若さは強い武器になると言っても過言ではありません。「あの時にやっておけば良かった」という話しを良く聞きますが、今が「あの時」かもしれません。当社では不動産投資以外の投資商品についても精通しております。

知識を付けておくだけはすぐにでもできますので、お気軽にお問い合わせください。

失敗しない不動産投資のノウハウブックをプレゼント

頭金0円で、堅実な不動産投資ができる!

pagetop