エストアンドカンパニー

不動産投資情報コラム『ESTIMES(エスタイムズ)』
金融・不動産投資の最新マーケット情報をお届けします。

皆さんも実は間接的に投資をしています

こんにちは。

暖かい日が続いていますね。気が付けば間もなく4月です。

4月は入学、入社、期のはじめと新たなスタートに気持ちを切り替えやすい時期ではないでしょうか。

当社では、資産運用のアドバイスをしておりますが、これまで投資をした経験がないという方は少なくないということを実感しております。気持ちの切り替えがしやすいこの時期に、投資について学ばれてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、これまで投資の経験がない皆さんも間接的に投資商品で運用をしていることをご存知でしょうか。

こちらのグラフは何を表しているかご存知でしょうか?

こちらは皆さんが毎月積み立てている「年金」の基本ポートフォリオです。詳しくは年金積立金管理運用独立行政法人のホームページを見てもらえればと思いますが、実は、年金も株や債券などで運用をしています。ですので、間接的に投資商品で運用しているということがいえますね。

また、将来の為に保険商品で積み立てをしている方は多いかと思いますが、生命保険会社も皆さんから集めた掛け金を運用しています。

※2018年2月14日 日経電子版より抜粋※

「第一生命HD、今期純利益3510億円に上方修正 運用好調で一転増益 」

第一生命HDは14日、2018年3月期の連結純利益が前期比52%増の3510億円になりそうだと発表した。従来予想は2%減の2260億円で、一転増益となる。中核事業会社である第一生命保険の資産運用収益の拡大が寄与する。米法人税減税に伴い、米子会社のプロテクティブで将来の税金負担に備えた「繰り延べ税金負債」を取り崩すことも収益を押し上げる。同時に発表した17年4~12月期の連結決算は、連結純利益が前年同期比9%増の1992億円だった。一般事業会社の売上高に近い保険料等収入は8%増の3兆4908億円だった。

年金機構も生命保険会社も日々、投資商品で運用をしております。

何故、皆さんから集めたお金をリスクを取ってまで運用に回すのか。それは運用するリスクよりも、運用をしないリスクの方が高いからに他ならないはずです。

当社では、不動産投資以外の投資商品に関する知識も蓄えております。まずは、どのような投資所品があって、どの商品がご自身に適しているか「投資診断」だけでもしてみることをおすすめしておりますので、お気軽にお申し付けください。

お問い合わせをお待ちしております。

pagetop