エストアンドカンパニー

賃貸管理

激狭3畳ワンルームでも61,500円!?

おかげさまで、遠方のお客様からも多数のお問い合わせを頂いておりまして
今月も仙台、大阪、名古屋、静岡、長野など、いろいろなエリアにお邪魔させて頂いております。

東京の相場を全くご存じない方が、初めて東京の家賃や駐車場、物件価格をご覧になると驚かれる方は少なくありません。
東京のワンルームの家賃や物件価格を見て「これなら2LDKが借りられる」「こっちなら戸建てが建てられる」と仰られる方もいらっしゃいます。やはり、東京と地方ではマーケットに大きな差があるようです。

先日、テレビ朝日のニュースにて、興味深い特集が組まれておりましたのでご紹介させていただきます。

以下、一部引用

都心で急増している激狭アパートだ。広さわずか3畳のワンルーム。ベランダもない。驚きの生活ぶりを取材した。

東京・渋谷区にある幡ケ谷駅から徒歩5分の駅近のアパート。築1年半程度の新しい物件で、オートロックが自慢なのだが入ってみると…。廊下は人、2人が通るのにやっとというぐらいのスペース。果たして3畳ワンルームの部屋とはどんなものなのか…。ここに暮らす住人の奥良誠さんの協力で中を拝見することに。すると…。靴のスペースが3人分ぐらいしか置けない。玄関を入り、すぐ右手にはキッチン。ところが、料理は温めるしかできず、切るものは机の上に移動してやっているという。冷蔵庫はキッチンの下に小ぢんまりと置かれていた。そして、3畳の部屋は2人か3人ぐらいしか座れない。ベランダがないため洗濯機も部屋の中。さらに、洗濯物も部屋の中に干すしかない。浴室には湯船がなくシャワーのみ。さらにトイレも激狭だ。今、都心で急増中の3畳ワンルーム。果たして、どこで寝るのか。
アパートの入居者・奥良誠さん:「上にロフトが付いているので、全部、寝るスペースとして使っています」
ロフトの広さは約4畳。高さも寝起きするのに十分だ。幡ケ谷駅から徒歩5分。3畳ワンルームの家賃は6万1500円
株式会社SPILYTUS・仲摩恵佑代表取締役「(Q.人気の理由は?)家では寝るだけという方も多いので、通勤・通学先から近くて良い場所で安く住みたいという、そういうニーズにマッチしているのだと思います」

以上

テレビ朝日ニュース

いかがでしょうか?

昨今、住職接近を求めて、仕事場から近い場所に住居を借りたいという人が非常に増えています。例年、7万人以上増え続けている東京ですが、その大半は単身者と言われています。しかし、土地には限りがあるので新規供給は鈍くなっている状況です。繁忙期ともなると、都内の希望エリアで理想の賃貸物件を探すのは困難を極め、家賃を相場より5000円上げても入居がつくことも珍しくはありません。また、退去前に広告を出すと今の入居者が退去する前に次の入居者が決まってしまう物件もございます。そんな東京の賃貸マーケットですから、もちろん入居者からの家賃交渉に応じなくとも入居者をつけることが可能です。

賃貸経営を長期的に安定させるには、なによりも賃貸需要が需要です。とはいえ、東京の中でも勝ち物件と負け物件は存在します。東京であればどんな物件でもいいのかというと、それは大きな間違いです。エリア、管理状況、入居者の属性、物件の構造などなどチェックすべき項目をしっかりと押さえておくことが重要です。

弊社では具体的な事例をご紹介しながら、勝ち物件と負け物件の見極め方を伝授しております。まずは、お気軽にご参加いただけますと幸いです。皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

失敗しない不動産投資のノウハウブックをプレゼント

頭金0円で、堅実な不動産投資ができる!

pagetop