エストアンドカンパニー

不動産投資のノウハウ

区分マンション投資の回収期間

当社では第三者目線から中立的なアドバイス・プランニングをさせて頂けることから様々なお問合せを頂きます。先日、非常に興味深いご質問を頂戴しましたので是非皆様にもご紹介させて頂きます。

□「不動産投資は利回りが低いのではないでしょうか?実利回りが3~4%ということは投資資金の回収には25年~35年かかるのではないでしょうか?」

まず不動産投資を始めるにあたり不動産を購入する訳ですが、これは言わば現金と不動産の等価交換であり、なにも資金を全てドブに捨てるわけではないという事です。これはローンを組んで購入した場合も同様で、例えば2000万円の不動産を購入する為に2000万円のローンを組む事になります。つまりは2000万円の負債を抱えることになるわけですが、同時に2000万円の不動産という現物資産も持つことになるわけです。

この資産を所有するという点については勘違いされがちで、購入時点で2000万円は消費してしまっているのだから、家賃収入が2000万円回収できるまでは購入時から見てマイナスの状態であると考えられているようです。実際には、不動産の取得時に2000万円と同価値の不動産を手にし、さらにその2000万円に対し、定期預金等では1%にも遠く及ばない利益しか出ないのに対し、不動産投資は3~4%以上のリターンを堅実に狙えるという事もあり、昨今、注目を浴びているという背景がございます。

つまりは回収に25~35年かかるという考えは間違いで、そもそもマイナスからの回収が始まるわけではなく投資直後から3~4%の運用ができるという訳です。まとめると、不動産の購入は必ずしも【消費】ではなく不動産投資とは資金を価値ある資産へと変えることにより、より効率よく資産を拡大する現代の日本においては非常に有効的な投資手法です。しかしながら、お客様のご状況やお考え方によって最適な投資方法も変わってきますので、弊社ではカウンセリングからアドバイス、プランニングまで無料で承っております。少しでもご興味をお持ちの方は、是非お気軽に当社までお問合せくださいませ。

pagetop