エストアンドカンパニー

Case 1

効率よく不動産を買い進めて行くには

32歳男性

昨年に友人の紹介で東京都心部の新築のワンルームマンションをご購入されたA様。今後も効率よく、さらには自身に手間暇をかけることなく資産形成をするためにはどの様にすればよいかというご相談に来られました。

A様

コンサルティングの流れ

1
お客様へのヒアリング

ヒアリングからわかったこと・分析

・友人の紹介で比較検討することなく新築のワンルームマンションを購入した

・今すぐではなく将来の不労収入を得たいことが不動産投資の目的

・転勤の多い職種のため当面自宅を購入することは考えていない

・保有資産が多いわけではないので小額から低リスクなもので始めたい

・新築ワンルームマンションの2件目の提案を受けているがキャッシュアウトが多くなるため悩んでいる

2
カンファレンス

問題点の分析

・不動産投資において新築ワンルームマンション以外の選択がなかったこと

・より効率よく資産を増やしていくロードマップの作成を行うこと

・保有資産や現在の収入今後の想定余剰資金を試算を行うこと

3
ご説明・ご提案

まずは、新築ワンルーム以外の不動産投資方法を隈なく解説を行わせていただきました。区分マンションでも中古やファミリーマンションの選択肢があること。一棟マンションやアパートもご購入いただくことができることなど不動産投資の選択の共有をいたしました。

すると「あくまでもサラリーマンを主として投資を行いたいので規模感の大きいものやリスクの高いものはやりたくない」ことが判明。また、不労収入を得たいタイミングも退職後の収入の補填というものが一番の目的ということでした。そのため生命保険会社の個人年金にも加入をしているが日本財政状況の不安やインフレ懸念から不動産投資にメリットを感じ新築ワンルームを購入したとのことでした。

これらの投資目的をしっかりと踏まえた上で、現状保有しているマンションと2件目の提案を調べた結果、収入に対して1物件あたりの借入額とキャッシュアウトが大きくなことで退職時に不労所得を得る手法として適正でないことから、現在保有の新築ワンルームマンションを軸に3件の中古区分マンションを保有し、キャッシュアウトが大きくならず、繰り上げ返済を用いて退職時に安定した不労収入を確保していただくシナリオを提案させていただきました。
弊社の強みである属性別の運用シミュレーション分析によって、ご要望や目的に合わせた商品を選び、 リスクや支出を抑えながらできる不動産投資を活用いただきました。結果、お客様の今後の運用目標に沿った投資内容にすることができました。

コンサルティングを受けて ~お客様の声

1件目は不動産会社の営業担当者に言われるがまま投資判断をしていたが、 本当にそれが私にとっていい商品なのか私の要望や目的に沿っているのかが理解できず、不動産投資だけでなく自分のライフプランについてきちんと考える事の大切さが分かりました。

その他の事例

pagetop